広告
100社一括見積もり
   
   
  ネット掲示板への誹謗中傷書き込みに警鐘 〜
  トップニュース: 更新  2021年07月22日 4:07 pm
 

「ベストライン 書き込み特定し法的措置検討」

 

 SNSなどのプラットフォームサービスの普及に伴い、インターネット上で気軽に自由なコミュニケーションを行えるようになった一方で、匿名のまま不特定多数に向けて特定個人の誹謗中傷を書き込んだり、特定個人のアカウントに対して一方的に誹謗中傷のメッセージを発信したりする事例も発生しており、インターネット上の誹謗中傷が深刻な社会問題となっている。そんな中、自社の社員に対する誹謗中傷を書き込まれた運送事業者の経営者が立ち上がり、約1年の歳月を経て書き込んだ人物の特定に成功した。驚くべきことに、その人物は過去に取引があった同業者の社長だった。
 あるローカル掲示板サイトに、自社の女性社員を誹謗中傷する(続きは本紙をご覧ください)

 


  職場環境改善めざし労組結成〜
  更新  2021年07月22日 4:07 pm
 

「サカイ引越センター」

 

 上場している引越大手のサカイ引越センター(田島哲康社長、堺市堺区)でこのほど、低賃金と長時間労働を改善しようと、宮前支社(川崎市宮前区)で働く20代の労働者6人が、全労連・全国一般労働組合神奈川地方本部に加入し、社外労組である「サカイ引越センター分会」を結成した。同社は設立以降、これまで労組が結成されたことはなかった。
 厚生労働省の記者クラブで会見した同労組によると、同社の平均勤続年数はわずか7年弱であり、出席した組合員は、若者を「使い捨て」にする職場の現状を指摘した上で、「健康で長く働き続けられる職場に改善したい」と訴えた。また、労組結成後、同社の上層部らによる「組合つぶし」の動き(続きは本紙をご覧ください)


限度超過車両の新通行制度閣議決定〜
更新  2021年7月22日 4:07 pm
「国交省」
 国土交通省はこのほど、第201回通常国会で成立した「道路法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第31号)により、道路法(昭和27年法律第180号)に創設された限度超過車両の新たな通行制度について、新制度の施行期日を令和4年4月1日とする政令と、これの運用に係る手数料を定める政令が、それぞれ閣議決定されたと発表した。
改正法により、寸法、重量などに係る一定の限度を超える車両(限度超過車両)を通行させようとする者が、あらかじめ国の登録を受けた車両については、従来の許可申請手続に代えて、通行が可能な経路をオンラインで即時に確認して通行できる制度が、新たに創設された。また、登録の事務など(続きは本紙をご覧ください)


 
流タイムズでは、従来の業界紙ではタブーとされてきた領域にも積極的に取材を敢行するなど、リアルティーを徹底的に追及した報道を読者に提供していき、物流業界における中小零細事業者の代弁者を目視していく事を信条としております。

最新246号 ニュースヘッドライン

 

 

【 その他の注目記事 】

  • 総合物流施策大綱を閣議決定〜国交省、2025年度までの指針示す
  • ETC専用化を正式表明〜首都高、前田新社長
  • 4社共同でスワップボディ車実証実験〜安田倉庫、富士運輸ほか
  • ハマキョウレックス〜36協定違反で書類送検
  • パートタイマーに新財形制度を導入〜センコー
  • 1字違いで大違い〜無関係会社に迷惑電話連発
  • 走行距離に応じた新リース開始〜三菱ふそうトラック・バス
  • 2020年度 賃金と労働時間調査〜全ト協
  • 物流&荷主企業短信レポート
  • トラック運送事業者に対する運輸局行政処分 ほか




 

-CopyRight(C)2006-2017 B-TIMES AllRight Recieved-